脱毛エステのパーツ

エステはいいよね

脱毛エステに通うとき、多くの方はパーツ単位で契約をしますよね。
このパーツの分け方、脱毛エステによって、結構差があります。



普通、パーツの種類は、SパーツとLパーツの2種類です。

Sパーツといえば、
「Vライン(上部、サイド、下部で分かれているところも多い)、Iライン、Oライン、両手の甲と指、両足の甲と指、うなじ」
あたりの、比較的狭いパーツ。

Lパーツというと、
「両膝下、両膝上、背中上、背中下、ヒップ、両肘下、両膝下」

などです。

でも個人的に
「両肘下や両肘腕と、両膝上と両膝下が同じ値段」
というところや、
「両手の甲&指と、Vライン全体なら、
面積は前者のほうが多いはずなのに、後者の場合はSパーツ×3の料金が必要」
というところが、ちょっぴり納得できなかったんですよね。

と、思っていたら、
そのあたりが反映されている脱毛エステもありました。
RINRINです。

ここはMパーツというのもあって、
「両肘下や両肘腕はMパーツ。両膝上と両膝下はLパーツ」
になっているし、
「Vラインは全部まとめてSパーツ」
です。

ちなみにこのRINRIN、SMLパーツに分かれるまでは、
なんと、パーツのサイズに区別がありませんでした。

つまり背中上部のような広いパーツも、うなじだけのような狭いパーツも同一料金だったわけですね。
ですので、以前は、

「パーツ料金が凄い大雑把だなぁ」

と思っていたのですが、
一転、パーツ料金に対する、ちょっと納得いかない気持ちを、
どこよりも納得させてくれる脱毛エステになりました。

私と同じようなことを思っている人もいて、
それで要望がいったのかも知れませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る