パインアップル?

ドアップだと少しきもい

普段、私がパイナップルと読んでいる果物。
おそらくほとんどの方がそうでしょう。

しかし「パインアップル」というふうに呼ばれているのも、
ときどき聞きますよね。

どっちが正しいんだ?たぶん同じもののことだよな?
そう思って、調べてみました。



その結果…
どうやら、パインアップルがもともとの呼ばれ方で、
その発音が変わって、パイナップルのようです。

まあ、所詮は外来語ですからね。

パインアップルの言語としては、酸味がある黄色い果肉がアップルと似てる。松かさで覆われたリンゴみたいな説があるそうです。

へえー。

そういえばパイナップルって、食べ過ぎると口が痛くなる…
そんなイメージがあって、あまり食べていませんでした。

でもスーパーのカットフルーツのMIXタイプでは、
だいたいパイナップルがメインなんですよねえ。

安いんでしょうか?まあ、大きいから1個からたくさん取れる=嵩増しに最適…とか?
そんな感じですかね?

最近はパイナップルをよく食べていますが、
カットフルーツ1パック分くらいであれば、口は痛くならないようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る